UFC 294 前哨戦: マハチェフとヴォルカノフスキーにとっての遺産

イスラム・マハチェフ対アレクサンダー・ヴォルカノフスキー1はUFC史上最高水準の対戦です。これはスポーツの歴史においてトップのポンド・フォー・ポンド・ファイターが初めて対戦した瞬間でした。UFC 294 では、その試合のリマッチが行われます。

今日の「前哨戦」コラムでは、最初の試合を見て、両選手にとって重要な質問に答えます。アレクサンダー・ヴォルカノフスキーは、最初の試合でのミスを修正し、ギャップを埋めることができるのでしょうか?イスラム・マハチェフは、ヴォルカノフスキーがポケットに急襲してくることにどのように対処するのでしょうか?今日の「前哨戦」は、これまでで最も詳細なものになるでしょう。お楽しみに…

イスラム・マハチェフ:ブリッツを罰する

アレクサンダー・ヴォルカノフスキーの最高の瞬間は、初戦でスタンスを切り替えて大きなショットを当てた瞬間でした。マハチェフは速さに苦しみ、通常はそれほど苦しむことはありません。ヴォルカノフスキーがポケットに入ると、マハチェフは打撃を受け、自身が罰するための調整を行いました。

UFC 294では、これをもっと多く行うことが彼にとって長期的に利益をもたらし、ヴォルカノフスキーの最高の武器を取り除き、他の武器に頼らせ、その武器に対処する際、マハチェフの方が効果的です。

初戦でマハチェフが使用したツールのいくつかを見てみましょう。第2戦ではこれらの要素がさらに期待されます。マハチェフの最高瞬間は、2ラウンドでヴォルカノフスキーがスタンスを切り替える瞬間に左クロスを当てた瞬間でした。彼がそれをどのように行ったのかを見てみましょう。

マハチェフはサウスポーで、スタンスを切り替えません。しかし、ヴォルカノフスキーはスタンスを切り替え、この交換(1)ではオーソドックスのスタンスから始めます。 (2)ヴォルカノフスキーはマハチェフのリードハンドをつかんで引き下げ、右ハンドの機会を作ります。 (3)マハチェフはわずかに後退し、その後(4)ヴォルカノフスキーを膝に落とす左クロスを打ちます。

実際、マハチェフの足元での成功のほとんどは、地面を譲らずにポケットで交戦することから生まれています。マハチェフは最高の選手たちとレスリングができ、誰かが攻撃的にレスリングを試みる場合もあります。次の数セクションで、マハチェフがこれを実行した方法を見てみましょう。

第3ラウンドのある時点で、ヴォルカノフスキーはマハチェフのリードレッグの外側に移動し、外側の足の利点を活用しようとしました。 (1)サウスポーに対してこれを行うために、ヴォルカノフスキーはオーソドックスのスタンスで始めました。入るために(2)ジャブを投げ、可能な限り外側のレッグにステップダウンしました。マハチェフは(3)肘を使って反撃し、ヴォルカノフスキーをポケットから退かせました。

膝は初戦でマハチェフにとって重要な威嚇手段であり、リマッチでもそうでしょう。ヴォルカノフスキーは身長の低い選手で、ポケットに入る際に頻繁にパンチの下をくぐり抜けました。これは膝を当てる絶好の機会で、マハチェフはこれを活用しました。ラウンド5では(1)オーソドックスのスタンスでポケットに入るように切り替えたヴォルカノフスキーを見ます。 (2)ヴォルカノフスキーがかがむ瞬間、マハチェフは一瞬ヴォルカノフスキーを驚かせる膝を当てます。

その膝を基に、マハチェフはしばしば非常に機動的な相手と対峙しなければなりませんでした。ヴォルカノフスキーはポケットに斜めに飛び込んで出ていくことがよくあり、これによりマハチェフは打撃を外すことがありました。相手を捉えることは、この状況で本当に役立つことの一つです。

マハチェフもこれを何度か行い、ヴォルカノフスキーが彼を打ち返す際に成功を収めました。ヴォルカノフスキーが行うように、(1)オーソドックスで始めて(2)サウスポーのスタンスに切り替えを探し始めます。マハチェフは(3)プラムを掴むことで応答します。注目すべきは(4)ヴォルカノフスキーが斜めに退く試みです。マハチェフはしっかりと保持し、(5)膝を当てることに成功します。

ブリッツに対処するマハチェフの別の方法は、ティープで妨害することです。ヴォルカノフスキーは過去にヤイール・ロドリゲスとティープを利用して罰しましたが、マハチェフは距離でその速さを無効にするほど長いです。

しかし、マハチェフにはもっとも大きな切り札があります:彼のレスリングの経歴です。

ステップインのタイミング:グラップリングの観点から

グラップリングについて話さないとイスラム・マハチェフではありません。実際、良いストライキがあるにもかかわらず、彼の真骨頂は本当にグラップリングです。実際、マハチェフは、他の人が行うことを結びつけるのではなく、彼のスタイルに対処させるような戦い方をします。これが彼を非常に効果的にしています。

マハチェフは、ヴォルカノフスキーのブリッツを利用して相手のヒップに接近し、地面に倒します。そこで、彼は狂気のようなトッププレッシャーをかけ、ハーフガードから相手を完全に制圧し、降伏させます(文字通り)。

(1) アレクサンダー・ヴォルカノフスキーはオーソドックスのスタンスでブリッツを探し始め、再びスイッチで中に入ることを望んでいます。 (2) 中に入る際、マハチェフはしゃがんで(3)ヴォルカノフスキーのヒップに接近します。彼を止めることができず、(4)マハチェフはテイクダウンを完成させます。

壁を歩くことは、格闘シークエンスから立ち上がるための方法の1つです。マハチェフにもこれに対する解答があります。

第1ラウンドでは、(1)マハチェフはヴォルカノフスキーを倒し、後ろから左足を巻き込んでいます。ヴォルカノフスキーはフェンスに貼り付き、それを使って起き上がろうとしています。マハチェフはフェンスを奪うつもりです。 (2)ヴォルカノフスキーが巻き込まれた足にポストする際、マハチェフは(3)右膝をヴォルカノフスキーの背後に押し込みます。これにより、彼は自分とアレクサンダー・ヴォルカノフスキーの間に自分自身を挟むことができます。 (4)もう片方のフックを入れることで、マハチェフは移行を完了させます。

地面でヴォルカノフスキーをコントロールすることが非常に重要です。ヴォルカノフスキーにスクランブルを作り出し、初戦で行ったようにスイープさせることは、マハチェフがヴォルカノフスキーを地面に押さえつけるために一層努力をしなければならなくなります。彼の試みはゆっくり、確実かつ慎重でなければなりません。ヴォルカノフスキーが急な参戦ということで、マハチェフは調整の遅れたヴォルカノフスキーを疲れさせることができれば、試合が進行するにつれてこれを制すことができるでしょう。

アレクサンダー・ヴォルカノフスキー:偉大である時

試合についての注意事項です。 アレクサンダー・ヴォルカノフスキー がわずか13日前の知らせでこの試合に臨むことになり、調整と準備がこの試合の大きなXファクターとなるでしょう。これは我々が定量化できないものであり、我々はこの試合をフルキャンプの観点から議論します。

初戦で ヴォルカノフスキー が行ったことの多くは素晴らしかったです。彼はスタンスを切り替え、試合中にいくつかの場面でマハチェフにダメージを与えました。彼はイスラム・マハチェフがグラップリングをコントロールするのを許さず、ポジションを拒否しました。これが試合を魅力的にした要因でした。 ヴォルカノフスキー がリマッチで調整をする傾向があることを知っている(Max Holloway 2および3を参照)と、これらの調整が ヴォルカノフスキー をチャンプ・チャンプの領域に押し上げる要因となるでしょう。

高い位置と低い位置を切り替えることが、スイッチの決定と連動してゲームの鍵となります。第1ラウンド早い段階で、アレクサンダー・ヴォルカノフスキーはこの期待を設定し、それほど多用しませんでした。彼は(1)ジャブで中に入り、マハチェフのカウンターの外側に滑り込みます。ジャブの軌道に入って出たら、ヴォルカノフスキーは美しい右クロスを体に当て(3)、右で上に上がります。

また、ヴォルカノフスキーにとって体へのアプローチが重要であることを指摘したいと思います。もしヴォルカノフスキーが闘技形態にない場合、体調が整った状態とは全く異なり、体力的に劣っているとリスクがあり、マハチェフが試合後半に強力に迫る可能性があります。ヴォルカノフスキーは早くて強力なパンチで体に打撃を与えることを望むでしょう。初戦ではやや遅すぎたため、その結果、マハチェフは特に第5ラウンドに体力を消耗しました。マハチェフのペースを乱し、試合を支配するか、彼が十分な体調でない場合でも同じカーディオキャパビリティ内に保つことが、試合の成否を左右します。

ヴォルカノフスキーが完全にスイッチを無視することは愚かです。しかし、彼はそれをより創造的に使用できます。上のフレームで、(1)アレクサンダー・ヴォルカノフスキーがオーソドックスのスタンスにいて、(2)サウスポーに切り替える際に交換の準備ができていることを示すためにガードを上げます。マハチェフはこれを上部への攻撃として見てカバーアップします。これにより、(3)ヴォルカノフスキーにとってミッドセクションが開き、これにリード右フックを繰り出します。

このやりとりで、アレクサンダー・ヴォルカノフスキーは左フックでカウンターされました。彼がボディに攻撃する際、特に左から離れるように角度を出すことが重要です。彼はダメージを最小限に抑え、離れて周回することがこれを行うための確立された方法です。

ヴォルカノフスキーがどこにパンチを打つか、スイッチのタイミング、速さを組み合わせることができると、初戦でイスラム・マハチェフをふらつかせたような機会が開かれます。スイッチは巧妙でスムーズで、乱用されていないときです。ヴォルカノフスキーは(1)オーソドックスで始め、(2)相手の手を奪い、(3)サウスポーに切り替えます。手を伸ばして制御することで、ヴォルカノフスキーはマハチェフの左手だけを見る必要があるため、一度に両手を見る必要はありません。ヴォルカノフスキーはリード右で投げ、それに続いて(4)左クロスを放ち、マハチェフはバランスを崩します。

再び、ここでも事を混ぜることが重要です。スイッチやクロスからのリードフックで終わることは、イスラム・マハチェフにさらにひとつのことを考えさせることができます。対戦相手に情報を過剰に提供することは、彼らを麻痺させる良い方法です。分析による麻痺です。

ヴォルカノフスキーがコンビネーションを終える際、それは必ずしもパンチである必要はありません。キックも彼が得意とするものであり、マハチェフのグラップリングの脅威のために主にそれらを避けていました。理解できます。

今回、ヴォルカノフスキーはスイッチしない。オーストラリア人は(1)オーソドックスでスタートし、スイッチのふりをかけます。そして(2)右オーバーハンドを放ち、(3)オーソドックスのジャブを続けます。マハチェフが後退すると、ヴォルカノフスキーは(4)外側の低キックを角度をつけて繰り出します。マハチェフは後ろ足にしっかりとしたテイクダウンを仕掛けることができないため、ヴォルカノフスキーはそれを知っています。14発中12発のキックを約50%追加すれば目的が達成されます。

初戦では、ヴォルカノフスキーのストライキングは素晴らしかったです。しかし、本当に際立っていたのは、彼が小柄な選手でありながら、ダゲスタンのプレッシャーを無効化し、自分自身の攻撃を仕掛けたグラップリングでした。

攻撃的および守備的なグラップリング

アレクサンダー・ヴォルカノフスキーは、イスラム・マハチェフのテイクダウンを防ぐだけでなく、特に試合後半にマハチェフが力尽きた後、自分自身の攻撃を仕掛けることに成功しました。第五ラウンドを覚えていますか?ヴォルカノフスキーが上に立って打撃を浴びせました。

ヴォルカノフスキーは、マハチェフが強力であるが、自分が準備していたほど強力ではなく、実際には多くのフェザー級選手に勝利したグラップリングを実行できることを発見しました。

スイープ!それはアレクサンダー・ヴォルカノフスキーが過少利用し、成功の瞬間がひとつあったものです。スイッチを混ぜたり混ぜなかったりすることと結びついています。ヴォルカノフスキーは(1)オーソドックスで攻撃を始め、(2)右クロスで中に入ります。そして、(3)リアフットをこっそり前に持ち上げ、先行足をマハチェフの後ろに深く持ってきます。本能的に、(4)マハチェフはオーソドックスの強力なパンチから離れるように動き始めます。しかし、ヴォルカノフスキーは先行足をマハチェフの側に置いており、それにつまづいてしまいます。ヴォルカノフスキーは(5)膝を上げてマハチェフを押し倒し、(6)ロシア人をマットに倒します。

クリンチからのスイープはヴォルカノフスキーにとって普通のことではありませんが、マハチェフをフェンスに押し込む際にいくつかこっそり取り入れることができます。アウトサイドフットの争いはボクシングのサウスポーと同じくらい古く、MMAでも依然として重要です。

アレクサンダー・ヴォルカノフスキーは、マハチェフが彼の腰にぶら下がることになります。それは死と税金と同じくらい確実なことです。彼は初戦でそれを非常に成功裏に防ぎ、第二戦で活用できる便利なツールを探ることができます。

この次のシーケンスは、二つの部分からなり、おそらく初戦からのお気に入りの瞬間です。 (1)シングルレッグでイスラム・マハチェフが始まり、ヴォルカノフスキーがスプロールのポジションにいます。 (2)ヴォルカノフスキーは、テイクダウンを防ぐために自由な足をマハチェフの左側に回す必要があります。彼はそれを掴んで引き寄せようと試みますが、(3)マハチェフは巧妙にそれを阻止するために足を引き寄せます。

アレクサンダー・ヴォルカノフスキーの意思決定がこの後半で完全に展示されています。イスラム・マハチェフの足をどのように回り込むのでしょうか?

(4)彼は立ち上がります。そうすることでマハチェフは左足を支点にし、ヴォルカノフスキーは(5)右足を巧みにかけて地面に倒れます。彼は今、(6)マハチェフの方を向いて(7)完全なスプロールのために足を解放し、この乱闘の最後にマハチェフの上に立つことができます。

この創造性こそがアレクサンダー・ヴォルカノフスキーを偉大にしている要因です。彼は即興で考え、ほとんどすべての状況に対処できるほどの深いツールボックスを持っています。

もしマハチェフが彼の上に乗り、ガードをスタックしようとする場合、ヴォルカノフスキーからは、三脚スイープから逆さまのスイープまで、足を立て直すための多くのスイープが期待されます。クレイグ・ジョーンズが彼のグラップリングコーチであることを考えると、それは絶対に派手でしょう。

最後のセクションでは、ヴォルカノフスキーがどのように創造的で、それを使ってテイクダウンを回避するかを見てみましょう。オーソドックスからの(1)近い習慣的なスイッチの動きから、ヴォルカノフスキーはマハチェフがテイクダウンしようとしてしゃがむ際に右フックを投げます。ヴォルカノフスキーは(3)ボディロックを与えますが、テイクダウンに合わせて背を向け始めます。 (4)ロシア人が押し通し、ヴォルカノフスキーはマハチェフの逆Zガードスイープポジションに左足をかけ込むことに成功します。ヴォルカノフスキーは(5)マハチェフに対してもっと転がり、足を上げます。彼が上げると、マハチェフは(6)フックをかけたりハーフガードに入ったりできません。 (7)ヴォルカノフスキーが回転し、(8)オーバーフックを掴んでポジションを逆転させます。

マハチェフに押し潰されないようにフェンスに頭をポストし、体重を前に押すことに加えて、ヴォルカノフスキーはこれとギグラースイープを本当に活用して、マハチェフが試合全体を支配するのを防ぎました。マハチェフは支配時間を積み上げましたが、それはロシア人がヴォルカノフスキーの背中に座ったラウンドからほとんどです。もしヴォルカノフスキーがその状況を避けることができれば、この試合に勝利し、オーストラリアにダブルチャンプとして帰ることができます。

この試合は、UFCの歴史の中で他のどのチャンプ・チャンプの試合よりもアレクサンダー・ヴォルカノフスキーにとって大きな遺産を表します。マハチェフに勝利があれば、ヴォルカノフスキーはGOATの議論に入り、おそらくはトップに立つことになるでしょう。しかし、彼には多くの困難が立ちはだかっています。彼は35歳です。彼は短期間の知らせで試合をしています。彼は大きな男と対戦しています。しかし、遺産は弱い基盤で築かれるものではなく、ヴォルカノフスキーはこの試合を乗り越えるために戦ったすべての戦争を持っています。

コメントを残す

Previous Story

UFC 293 アフターマス: ショーン・ストリクランドがミドル級の王になった方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。