スポーツでは、成功する人と圧倒する人が常にいます。コービーブライアントからマイクタイソンまで、圧倒は常に人々の想像力を捉えるものの最前線でした。ファンはアクラシアの事例に惹かれるのではなく、その代わりに偉大さに惹かれます。ファンはそれを愛し、群がります。

伝説と戦うのはどのようなものですか?それは私がいつも知りたかったことです。この新しい限定シリーズでは、これまでの最高の試合に対抗するのがどのようなものかを知ることができます。私たちの最初の主題は、ムエタイと競合する伝説、センチャイです。

おそらく今日世界で最も尊敬されているナックムエタイであるセンチャイは、長い間タイのボクシングの名手でした。 プロで300を超える勝利、ルンピニースタジアムのタイトルを5回獲得しました。最初は、16歳のときです。彼は15ポンド(6.8キロ)の体重の不利な点を超えていましたが、対戦相手に公平なチャンスを与えるために体重を増やしました。

この投稿では、伝説のセンチャイとリングを共有し、伝説と戦った夜について5人の対戦相手の話を聞きます。Ognjen Topić、Sean Clancy、Morgan Adrar、Valerii Abramenko、VictorConesaからの言葉を聞きましょう。

Ognjen Topicとセンチャイ:尊重しますが、崇拝はしないでください

Ognjen Topićはムエタイの有名な一人です。彼はライオンファイト、IKF、WBCなどで最高の好手達とベルトを賭けて戦いました。非常に熟練したムエタイです。 2016年、香港のYOKKAO22でセンチャイに挑戦する栄誉を手にしました。この記事は元々Surviving Saenchaiと呼ばれていましたが、Topićは素晴らしい点を指摘し、最終的に記事の名前を変更しました。

「質問に答える前に、私はセンチャイに「勝つ」ためにこの戦いに参加しなかったと最初に言いたいです。自分のスキルに自信があり、勝つためのすべての準備が整った時、この戦いに参加しました。私のレベルでは、戦いで生き残ることはできません。勝ち負けに限らず、どんな状況にも十分に備えています。」Ognjen Topicと他の選手が持っている技に名前を付けました。方向転換も見れて嬉しかったです。

彼は続けて、キャンプに入ると言いました、彼と彼のチームは何に反対していたかを知っています。Topicチームは、何でも対応できる最高のチームになる準備をしました。

「期待に答えるために、私たちは可能な限り最高の状態になるように準備してきました。私は、teepを利用して、フェイントの練習に励みました。」

センチャイのステータスはリングにいるだけで、多くの相手に脅威を与えることができます。しかし、Topicはムエタイにとって新しい人材ではありませんでした。彼はセンチャイのスキルを尊重していましたが、センチャイと戦っているというプレッシャーの下で崩れることはありませんでした。彼はただ戦ったのです。

「他の戦いと同じように、攻撃を受けすぎるということはありませんが、センチャイに敬意を払いすぎて、最高のパフォーマンスを発揮できませんでした。」

センチャイのスキルを持つ選手との戦いは、貴重な教訓になります。この場所で一番になりたいとは決して思わないでしょう。さもなければあなたは間違っています。Ognjen Topićは、センチャイとのリングの時間から学んだことを取り入れ、世界タイトルの獲得に注ぎ込みました。

「それは私のスキルレベルを大幅に向上させました。スピードとタイミングは、戦闘機が理解して学ぶための最も重要な側面のいくつかであることを学びました。私はこれらのスキルを、次のタイトル争いに取り入れました。」

ショーン・クランシー:急遽

ショーンクランシーはおそらく現在アイルランドで最高のムエタイです。彼はまた、トピックのように、2016年にセンチャイと戦いました。しかし、骨が折れる試合でした。ONEChampionshipでの試合からクランシーに気付くかもしれません。

「Clubber」には、リストもあります。クランシーは、WBCムエタイ国際スーパーライト級チャンピオンシップ、WBC世界スーパーライト級チャンピオンシップ、ケージドムエタイ世界スーパーライト級チャンピオンシップ、ケージキングススーパーライト級チャンピオンシップ、そして3回のISKAアイルランドウェルター級ムエタイチャンピオンを開催しました。それはすべて最高の経験です。

ショーン・クランシーは、伝説に対抗するための優位性を与えるために何かを探していました。急な試合のため、ショーンクランシーはセンチャイに完全に備える時間がありませんでした。

「正直なところ、10日前の通知で戦いをしたので、グローブなしで戦うように要求しました。急な通知だったため特別な練習はしませんでした。 [計画]は単に心を準備することでした。」

しかし、センチャイは多彩でした。彼がリングに足を踏み入れたとき、クランシーはセンチャイについて何かに気づきました。先手を打つことには、一定の優位性があります。しかし、クランシーは、センチャイがそこにいた感覚を特に覚えています。

「リングの存在感と彼の自信は私が気づいたことです。完全にリラックスして落ち着いていました。」

結局、センチャイへの敗北は経験となりました。彼はそれから成長しました。しかし、多くの人も成長を認識しています。センチャイは、ムエタイに関しては、クランシーよりも1マイル先を行きます。

「すべての敗北は、何がいけなかったかを確認する機会だったので、より良いファイターになれました。センチャイは、何年も経験を積んでいているが、教えることはできず、新しいことを得ることしかできないので、長い間試合の計画を立てる必要があります。」

Morgan Adrar:学んだ教訓

次のムエタイはフランスのモーガン・アドラーです。67キログラムの元WBC世界チャンピオンであり、元ヨーロッパチャンピオンでもあります。彼とセンチャイは2014年にタイのコンケンで対決しました。試合は判定になり、アドラが勝利しました。しかし、センチャイでのアドラーの経験は、キャリアの中で求めていたことが発揮されたものでした。対戦相手への敬意が何よりも重要視されるスポーツにおいて、アドラルは、センチャイとの戦いは彼にとって本当に名誉であり特権であったと言います。

「違いは、センチャイが私がボクシングした他のすべてのボクサーよりも技術的であることです。センチャイは真のインスピレーションの源であるため、共に戦えたことをとても嬉しく、光栄に思います。」

相手を安心させて戦うのは、尊敬の文化です。 「敗北」または「名声のために、そしてセンチャイを倒すためにここにいる」ということはありません。代わりに、アドラルはセンチャイとの戦いを他の戦いと同じように扱ったと言います。

「それ以外は、他と同じように挑戦でした。センチャイと対峙することを光栄に思うだけで、プレッシャーや恐れは感じませんでした。」

センチャイが長年のボクシングから進化した一見完璧な試合で、どのように準備するかについて私は大きな関心を持っています。モーガン・アドラーにとって、他の人とまったく同じ戦いです。

「センチャイの準備は、コーチと一緒に行った準備と同じでした。つまり、100%完璧な準備であり、規律があり、健康的なライフスタイルを保っています。」

アドラーは続けます。「私にとって難しかったのは、前の戦いで右手を怪我してしまったことです。技術と戦略を導入する必要がありました。」

彼のコーチでさえ、センチャイが試合に出場することを尊重していました。今日でも、センチャイはコーチにインパクトを残しています。

「タイに長年住んでいる私のコーチは、コンケンのソルキングスターキャンプでセンチャイに会うことができました。コーチは彼のキャリアを称賛していました。」

繰り返しになりますが、センチャイとの試合から学んだ教訓は常に前向きで内向きです。 「私はトレーニングを怠ってはならないことを学びました。判定での敗北から多くのことを学びました」とアドラーは言います。

「私は彼のムエタイでの足、拳、流動性、効率性に感銘を受けました。彼のボクシングには無駄がなく、不均衡もありません。シーケンスでは、リングに入ると、すべてのレベルで非常に優れていると感じます。精神的にも肉体的にも技術的にも。」彼は続けます。「達成するのが非常に難しい目標のままであっても、後で完璧に近づくために、高いレベルで動く必要があることを単に学びました。挑戦。それが全ての動機になっています。」

Valerii Abramenko:最高の思い出

ウクライナ出身のValeriiAbramenkoは、2019年にセンチャイと対戦しました。彼はドバイでタイの伝説を引き継ぎ、決断を下しました。多くのタイのボクサーがしたように、アブラメンコはセンチャイを見上げました。伝説と戦うことは全く異なる経験であると言いました。

「まず第一に、名前です。あなたがムエタイをしているなら、それがどんな意味かと分かるでしょう。子供の頃からの憧れと戦うのはクレイジーです。そしてもちろん、試合で何が起きるのか、攻撃のタイミングを知ることはできません。」

センチャイはリングでリラックスすることができます。アブラメンコは、それがほとんどのファイターにとってのやり方だと言います。しかし、新しいレベルに拡大するセンチャイの経験を指摘しています。

「みんなの目標です。誰にとってもそうですが、この男は他の人よりもはるかに多くの経験を持っています。」

私がセンチャイとの戦いから学んだことについて話し合った他のすべてのファイターと同様に、常に前向きなことです。 Valerii Abramenkoは、タイの伝説と戦うために足を踏み入れたときに、経験と神経の価値を学んだと言います。

「経験が浅かったことを学びました。彼のような敵を倒すにはもっと戦う必要があります。緊張を和らげることができれば、もっとうまく戦うことができます。」

「キャリアの中で最高の思い出でした。」と言いました。

ビクターコネサ:彼自身がムエタイ

スペインの誇り高き市民として、ビクターコネサは2016年にセンチャイと対戦しました。コネサは神話上の英雄について話し、生きる伝説がどのようなものであるかについてさらに焦点を当てました。

センチャイが特別なファイターになった理由を尋ねたところ、コネサはムエタイの複雑さについて少し考え様子で、

「それは難しい質問です!」コネサは言った。

「センチャイについて言えることは無いので、多くのファイターにこの質問をすることが適切だと思います。スターであるがため、ほとんどの人は彼の素晴らしさのほんの一部しか理解できません。ですから、おそらく私たち全員の間で、なぜそんなに優れているのかを概算で定義することができます!」

ビクターコネサは、センチャイの独自性について語り続けます。彼のようなボクサーは世界にいない。前のセクションで見たように、その感情を繰り返し表現していました。

「まず、明らかにユニークな人物です。彼自身の資質を利用してあのスタイルを見つけて作り上げました。しかし、私の観点からすると、非常に象徴的なものにしている最も関連性のある側面は、動機の見つけ方だと思います。」

コネサは、スポーツは彼にとってより良いものであり、センチャイがムエタイのスポーツにもたらしたものは成長だと言います。

「個人的でエゴイスティックな目標を超えて、スポーツの愛のために戦っています。それは3世代以上を超えたファイターであり続けた理由です。これはすべて、試合で蓄積された経験、認識、エネルギーの観点から意味します。」

「明らかに英雄の神です。」とコネサは言います。

リングで過ごした後、センチャイがどのようなインスピレーションを与えたかについて話すとき、ビクターコネサは、彼らの試合が何であるかを理解させ、素晴らしいファイターになりたいと思ったと言います。

「戦いの後、私を真のファイターにしただけでなく、強いファイターになりたいと思いました。」

続けて、「特別で魔法のような経験のおかげで、芸術とライフスタイルに完全に専念することができました。」

最強のファイターと試合ができることは、まったく異なるものでした。センチャイのような人物と戦うことで、自分自身を再評価できました。そして、ビクター・コネサは自分自身をより良くするためのできる変化を見つけることができました。

「私にとても刺激を与えてくれたので、試合後、私は自分のスタイルを探し始めました。戦い方を変えました。あの試合はキャリアのターニングポイントだということを理解しました。」

「現役の最強ファイターです」とコネサは言いました。「ムエタイの本質のほぼすべての側面を具体化しています。」

ビクターコネサは、「センチャイ」は全てのいい面が混ざり合っていると言います。

「それは、適応性、優雅さ、多用途の体と鋭い心のバランス、喜び、広大な範囲と種類の技術、スポーツマンシップ、試合を理解することができます。」

くだらない話がものを言う時代に、センチャイが対戦相手を軽蔑していると非難した人は誰もいません。ここでは、相手に関係なく、相手を尊敬していることが分かります。センチャイは、ムエタイの意味を完全に体現しています。彼のスポーツへの永続的な影響は、引退後も、地球を離れた後も長く続くでしょう。人生のあらゆる面で多くの人が永続的な印象を残そうとしています。センチャイはその印象をリアルタイムで見ています。

ビクターコネサは、センチャイへのこの調査を終了するための言葉を私たちに残します。それは愛情の1つではなく、エゴを後押しすることを目的としています。それはムエタイのスポーツで何を象徴としているかの証です。セルビア、アイルランド、フランス、ウクライナ、スペインからのファイターはすべてセンチャイの影響を直接受けています。人口がわずか6900万人の小さな国のスポーツが、世界中で大きな影響を与えていると考えると不思議なことです。タイはまた、スポーツを超越し、アスリートが目指すべき姿を体現する象徴を生み出しました。

「 『彼がスポーツだ』と言います。」


Ognjen Topic、Sean Clancy、Morgan Adrar、Valerii Abramenko、VictorConesaに特に感謝します。一部のアスリートが自分の敗北について話すのは珍しいです。

多くのアスリートはセンチャイへの敗北について話すことに反対しました。彼らのおかげで、私たちは皆、そのような名誉を持ったスポーツを代表する誰かと戦うことがどのようなものかについて少し洞察することができました。ご購読ありがとうございます!感謝します。