山本 美憂: 格闘家の進化

山本 美憂: 格闘家の進化

RIZIN 32に戻った山本美憂は、最後の敗北を払拭するだけでなく、2016年のRENAに対する敗北のリベンジも果たそうとしている。最後の戦いは調子が悪く、山本美憂はヘッドシザースで浜崎朱加に敗北。今、山本は次のレベルへの準備ができているように感じている。

山本への前回のインタビューで、ファイターの山本はコーヒーへの愛情を表した。知っているだろうか。山本と夫はグアムに2つのコーヒーショップを所有しており、深みのある新しいブレンドを探すために時間を費やしている。最近、山本は楽しめる新しいものを見つけた。

「最近は、エチオピアのコーヒー豆が好き。ブレンドではなく、シングルオリジン。特別な理由はないけど、これが最近飲んでいるもの。」

浜崎との最後の戦いで、山本は早い段階でテイクダウンを決め勝利を収めたと思ったが、それは違った。山本は、敗北は有益であり、ゲームプランが総合格闘技で何なのかを模索するチャンスだと。

「当時総合格闘技が何であるかを知らずにリングに足を踏み入れた。レスリングとは違い、相手を倒した後はどうしたらいいのかわからなかった。それは敗北から学んだことではなく、MMAに適応するために自分自身を変える必要があるという認識についてだった。」

山本美憂vsRENAでRIZIN 32

山本美憂は初戦で、リベンジを求めている。これまでレスリングで多くの成功を収めてきたが、まだMMAへの移行に取り組んでいるようだ。

「RENAへのリベンジ計画はあるが、MMAで学ぶことはまだたくさんあるため、特定の対戦相手に備えるのではなく、MMAファイターとしての基本的なスキルを高めるためにさらにトレーニングを行っている。」

前述のように、山本とRENAは5年前の2016年に対戦した。その戦いはRENAの勝利だった。山本はそれを取り戻すことを目指しているが、今回、RENAは間違いなくまったく新しいファイターになっていると山本は言う。

「過去5年間で進化したと思う。もともとシュートボクシングのスーパースターでファンを魅了してきたが、今ではMMAファイターとしての知識とスキルを持っている。今回は全く違う戦いを期待している。この戦いは、RENAが私に対して何をするかというよりも、私が戦いで何ができるか。この戦いの間に自分の能力を最大限に発揮できるようになりたい。」

山本の現役はそう長くないかもしれない。しかし、それは3度のレスリング世界チャンピオンが辞める理由にはならない。競技から引退する日を考えているかどうか尋ねられたとき、彼女は楽しめる限りそこにいると言った。

「これは現時点で答えることができない質問。終わりが近づいていることは知っているが、MMAをしている間は楽しい。後悔のない戦いをして、自分を全てさらけ出したい。」

山本は引退後、コーチになることについて考えていない。今楽しめている現状に集中している。

「タイミング次第。まだあまり考えていない。今、私はまだまだ現役なので、試合が終わったらどうするかを考えたい。」

山本美憂は、なぜRIZIN 32に参加するのかというと、この戦いは山本にとって特別なものであり、現役選手としてどのように進化したかを物語っている。

「初めて大きなRIZINイベントのヘッドラインを務める。第二の故郷沖縄で開催されたイベントで、みんなが誇りに思うようなパフォーマンスをしたい。私が5年前からファイターとして進化したのを見てくれたら嬉しい。」

後援者になろう!