北岡悟:継続

北岡悟:継続 北岡悟:継続

日本の総合格闘技の伝説である北岡悟がDEEP104 Impactで復帰し、鈴木匠と対戦をする。北岡は歯止め無く、経験、決意、そして闘志を心に勝利を収めて次の朝を迎えようとしている。

DEEP 104 Impactで戦いに入ると、北岡は自分の最高の試合の準備ができていると感じていた。結果に関係なく、準備が整っており、戦いの時間を楽しんでいた。 「今回は仕上がっている。」

前回のインタビューで、北岡悟は体のコンディションはピークだと語った。しかし、次の戦いに入ると、この戦いの準備がこれまでで最高だったと感じていた。「今回はもっと自分の状態に気を配りました。」

2000年にデビューして以来、Pancrase、DEEP、Dream、RIZINで戦い、しばらくの間そのシーンを飾っていた。北岡悟はスポーツを愛している。 「愛とコンディションは周りにずっとあった」と北岡は言います。

北岡悟と刻々と変化する総合格闘技の風景

MMAがかつてないほど急速に成長する中、スポーツは急速に変化している。新しいメタは驚異的なスピードで開発されている。北岡がMMAで一定である必要があるものは、コンディショニングと言う。この言葉は非現実的ではない。どのスポーツにおいても、コンディショニングはプロセスの基礎となるでしょう。

「身体的な変化が重要だと思います。だからこそ、コンディションが重要だと思います。」

北岡悟は豊富な経験を持ち、大好きなスポーツを次世代に教えることを楽しんでいる。 「ジムで教えています」と北岡は言います。 「コーチ、マネージャー、プロデューサーです。」

オリンピックが日本で終わった頃、私は北岡にMMAが試合に適しているかどうか尋ねることができた。キックボクシング、サンボ、ムエタイがIOCに認められることに加えて、スポーツを認めさせるためのIMMAFの推進により、MMAが大会に参加することはほぼ避けられないように思われる。しかし、北岡はオリンピックのスポーツのグループの中ですべてが明るいとは思っていない。MMAのスポーツは変わりなく、自由であり、IOCの規則に従わないべきであると信じている。

「MMAはオリンピック競技である必要はありません。 MMAは自由です。縛られたくないのです。」

最後に、DEEP 104 Impactでの戦いに入ると、北岡悟はファンに1つだけお願いする。それは、楽しむこと。 「楽しみにするのではなく、楽しんで見てください」と北岡は言います。