ONE Championshipはパンデミックの苦境から立ち上がり、リングに戻ってきた。 2枚目のカードで、​​ONEChampionshipはNoSurrenderIIカードを引いた。そのカードで、藤沢彰博はその夜の最速のノックアウトでポンシリ・ミサティットを破った。

スーパージャップ」として知られる藤沢は、日本の伝統を深く誇りに思っている。武道の旅は日本の番組から始まった。「日本のテレビ番組に触発されて、家の近くにあるジムに行くことにした。」

格闘以外では、藤澤彰博はスニーカー愛好家でラーメンファンです。 「スニーカーを集めることと、ラーメンを食べるのが好きです」と藤沢は言う。お気に入りのスニーカーは、ジョーダン。 「マイケルジョーダンは憧れの人。ジョーダンシリーズ、特にジョーダン1が好きです。ジョーダン1は宝物です。」

ONE Championshipでの藤沢彰博:No Surrender II

No Surrender IIで藤沢は3連勝した。更なる勝利のためにPongsiriMitsatitとの試合を引き受けた。二人は戦いで失うものがたくさんあった。 「少しプレッシャーを感じていた」と藤沢は語った。藤沢は続けた。「しかし、私は自分自身を信じており、それを成し遂げることができると信じている。何があっても勝たなければならない」と言った。

しかし、藤沢はプレッシャーを感じないようにした。プレッシャーを受け入れ、戦いに集中することにした。 「試合をするときはいつもプレッシャーを感じる。だからこそもっと集中できる。」

最初のラウンドで試合は終わらなかった。藤沢はポンシリを崩した。なんとか立ち上がったが、戦いは長くはなかった。藤沢はポンシリをフォールドし、レフェリーは判定した。

「エルボーを入れられて驚いた。決まりませんでしたけど、少し痛む。」

3つの殴り合いを制すことは、藤澤明弘にとっての安心材料になった。

「この瞬間ですべての努力が報われたので、これまでで最も幸せな瞬間だった。」

藤澤は多くのファンにノックアウトを宣告させられた。でも藤沢は気にしない。チームと友人が彼を信じている限り。

「私のコーチと友達は私が勝つことに期待していた。私は彼らと私を信じた。他の人の考えは気にしない。」

ONEChampionshipのブランド

ONE Championshipは、東部で最高のMMAブランドだ。 ONEは、中国から台湾、そして日本に至るまで、あらゆる場所で試合を開催しており、この地域を仕切っている。世界で最高の試合を開催し、ONEChampionshipは素晴らしい功績を構築し、大きな忠誠心を持っている。

藤澤は、このような大きなプラットフォームで戦えることに感謝している。

「ONEChampionshipはファイターを本当に気遣い、私たちに敬意を表している。このグローバルなステージは常に私を動機づける。」

藤沢は自分のスポーツで栄光を手に入れるために仕事に取り組んでいる。しかし、チャンピオンであることが藤沢のすべてではない。 「もちろん、目標はチャンピオンになること。しかし、何かに苦しんでいる誰かに刺激を与えたいと思っている。」