炎鵬の技:最小の相撲力士が優れた技を使って、大きな力士に勝つ方法

炎鵬は最も興味深い力士だ。体重97kg、身長168cmの炎鵬晃は、相撲取りの平均体重の330人よりはるかに軽い。重量が勝利への鍵となるのならば、炎鵬はこの不利な条件でどの様に勝ち上がるのか?

栃ノ心五江戸ほどの大きさの力士と横に並んだ炎鵬を見ると、炎鵬が他の力士に勝つチャンスがあるとは考え難いでしょう。しかし、それは間違っている。炎鵬は幕内1位の前頭4枚目に到達した。横綱からは程遠いが、炎鵬はファンを魅了させ、楽しませる能力を発揮している。

炎鵬はその不利な体型とどのように向き合っているのか?答えは、すべての取り組みの中心にある。それはテクニックだ。ごく普通の人は、武道家よりも速く、強く、背が高くなる可能性もある。しかし、適切な練習量と技術があれば、小さくて知覚力の弱い人も、人々が予期しなかった対戦相手と対峙することができる。炎鵬は、現在の相撲でそれを象徴している。

今月の分析コラムでは、最初の2つとは異なることを行っています。まだチェックしていない方は、特に総合格闘技のファンである方は、ジャスティン・ゲイジーの進化とフランシス・ガヌーの力の2記事読むことを強くお勧めします。今日は炎鵬を見ていこう!始めよう!

テクニック、テクニック、そしてテクニック

先に述べたように、テクニックは、ごくわずかな例外を除いて、すべての優れた武道家の基盤。炎鵬は、いつでも土俵で一番小さい男になることで、その信条を守っている。しかし、炎鵬の体型に欠けているものは、テクニック、スピード、そしてフィネスでそれを補っている。

最初の例では、炎鵬と、現在相撲の最高の力士であるレジェンド白鵬を見てみよう。二人は本土俵で対決した。試合はとても面白くてとても深みがあった。それはランキングに影響を与えず、純粋に娯楽のためのものだった。下のビデオをチェックすることをお勧めします!

白鵬と炎鵬のサイズの違いを見ると、驚きます。炎鵬が勝利するとなおさら。しかし、どの様にして勝ったのか?

上の写真でわかるように、白鵬は炎鵬が中に入ってくることを知っている。しかし、腕を伸ばす白鵬は両刃の剣を持っている様なもの。白鵬は炎鵬との間に空間を保ちながら、腕を伸ばした。白鵬の終焉の始まりである。

数回の組み合いの後、炎鵬は白鵬の手を叩き、廻しを狙う。白鵬は腕を伸ばしたまま炎鵬を押し戻した。炎鵬は左手で廻しに手を伸ばしていた。それが阻止されたとき、炎鵬は白鵬の伸ばした腕をつかんで腕を引きずり、白鵬を引き寄せた。白鵬の左腕をコントロールした炎鵬は、白鵬の廻しの後ろを掴んで勝利の道筋を立てた。

廻しを掴んだ炎鵬は白鵬の足を取り、相手のバランスを崩す寸前だった。白鵬がスピンし脚を戻すと、炎鵬は膝の真上を押し、白鵬の脚の下に膝を滑り込ませた。そして、白鵬は片足で崩され、炎鵬は廻しの後ろを握って前に引き、試合に勝利した。

炎鵬の調整力

炎鵬のもう一つの強みは、その場で調整すること。最初の攻撃がうまくいかないとき、その後も思う様に試合を進められなかった。しかし、上に行くには変化しなければならなかった。2020年1月。高安に対して、炎鵬は抑えられていた。高安は、炎鵬に最初に投げるチャンスを与えず、いい動きをしていた。

最初、炎鵬は高安の腕をつかみ、肘の内側をしっかりにつかみ、手の脅威を無効にした。これで高安が廻しを掴んだとしても、危険を冒す力はなくなる。

炎鵬は腰を落とし、高安は腰を後ろに向けて投げさせるチャンスを与えなかった。炎鵬の状況は厳しく、バランスが崩れていた。高安は炎鵬の投げを防いでいた。高安に怖気ず、炎鵬はバランスを崩す代わりに、右に空間を作った。

高安に抑えられている。ここで、炎鵬が調整を行う。炎鵬の腕は、簡単に廻しに届くほど長くはない。上のビデオでは、炎鵬は高安の腰から右手を取り、廻しの前に持ってきている。炎鵬の右手は高安の支えようなものだったが、それがなくなったため、高安に必要なのは少し押しだすだけだった。炎鵬はこのように取組を運び、左手を廻しの後ろに回した。高安をどこに引っ張っているかを見てみましょう。

寄りかかり、重心を引き下げるが、全く安定していない。

さあ、新しいシチュエーションに変わり高安のバランスが崩れた今、炎鵬は高安の右脚を取り、勝利へ向かうだけ。炎鵬は見事にそれを行い、左足を取り廻しの後ろを前に引っ張った。

炎鵬の強さのもう一つの例。そしておそらくそれ以上に、スピード力は、2019年3月場所に衝撃を与えた。土俵の端で炎鵬のバランスが崩れているので、德勝龍は押し出すだけだった。

よく見ると、バンバンプレーだ。德勝龍は炎鵬のポジションが悪い事を知っていた。手を伸ばして、前の高安のように重心を中心に置いた。炎鵬は素早いが、体勢を崩され地面についていた両足が片足だけとなった。徳勝龍の勢いが増し、体重が彼を引き下げるので、炎鵬は足を持ち上げて物理的に動くだけだ。

低重心を利用した炎鵬

炎鵬の不利な点(サイズ)も利点となる。彼は自分の限界を知っている。単純に筋肉を鍛えることができる力士はほとんどいない。炎鵬のもう一つの武器は低い重心だ。今年の初場所では、阿炎に勝る例はない。

最初から、炎鵬は素晴らしい仕事をして、すぐにラインから外れる(サッカーの様に言ってます)。阿炎に掴ませる事を許さなかった。炎鵬には利点があるが、長くは続かない。

炎鵬が内に入ることがないように腕を伸ばし、右手で炎鵬の頭を押す。これは本質的に、炎鵬のフェイントだ。次に、阿炎は左手で肩を押した。これは下記でよくわかります。突き出しが炎鵬を押し戻し、位置をずらした。

炎鵬のスピードが大きな役割を果たしている。彼は頭を低くし、別の突き出しを避けた。今回は負ける可能性があったため、少し左に動いた。阿炎はすでに前進していて、左を攻めて来たが、炎鵬は右足を回転させた。炎鵬は体をコントロールさせた。

炎鵬がはるかに大きな相手を持ち上げ、倒すことは非常に眩いことだ。これが起きるのは、それ自体が面白い。阿炎は炎鵬との試合で、熱心な探求力を見ることができた。彼は土俵の外に出て負けた様に感じたようで、左足を出した。炎鵬はすでに脚を持ち上げており、重心が阿炎よりもはるかに低くなっているため、比較的簡単に土俵の外に出すことができた。

スピードを教えることの難しさ

今日の力士のスキルの内訳で、炎鵬のスピードについて何度も話してきた。それはおそらく彼の最高の武器だ。炎鵬には、他の力士にはないスピードのアドバンテージがある。

次の例は炎鵬の例であり、彼のスピードは横方向の動きと、取組に勝つだけでなく、状況に応じて、どのように技を組み合わせるかを見ていこう。この動画は、2019年11月場所からのものだ。琴奨菊との取組で、何度も危険を免れた。

炎鵬は琴奨菊に比べて明らかにスピードのアドバンテージがある。炎鵬は土俵の端に押し込まれ、琴奨菊は勝利に向かっていた。炎鵬は左に旋回し、腕を掴んで投げ出した。 (今回は)上手くいかなかった。琴奨菊に間合いを取られ、炎鵬の頼みの綱の1つである腰投げは失敗した。

腰投げが失敗した後、炎鵬はポジションがずれ、琴奨菊はそれを察した。炎鵬の対戦相手で以前指摘したように、身を乗り出し、重心を引き下げている。琴奨菊は少し押すだけで、その日は彼の物となる。しかし、炎鵬のスピードは、琴奨菊の勢いを打ち負かすことができるポジションに到達する能力がある。琴奨菊は前に突進し、腕を伸ばした。炎鵬の敏捷性がフルに発揮され、左足を前に出していたが、跳ね返って右足を前に出し、琴奨菊は自分のいる場所に向かって行進している。この取組で2回目となる炎鵬は、今度は腕を引いた。琴奨菊は動きが速くなっていたが、炎鵬は腕を少し引いて見事勝利した。

結論は…

炎鵬は最も成功した相撲取りではないかもしれないが、スポーツのファンにとって信じられないほど面白い方法で強みを生かしている。そして、この技術力が力士の人気を押し上げている。これは、小さい男が勝利を勝ち取る古典的なデビッドとゴライアスの物語のようだ。炎鵬は場所で

で勝つかもしれないし、勝てないかもしれない。何かを起こしてくれるかもしれない。しかし、そうでなくても、相撲の歴史書では、常にお気に入りの力士の1人として永遠に不滅になるだろう。