吉岡ビギン:新たな始まり

吉岡ビギン:新たな始まり 吉岡ビギン:新たな始まり

K-1は先週、日本の東京でイベントを開催しました。その試合では吉岡ビギンは晃貴に完全勝利しました。吉岡はK-1界を盛り上げるうちの一人です。

吉岡ビギンはキックボクシングを取り入れた、歴然な空手のインフルエンサーです。吉岡は若い頃に空手を勉強し、敬愛するジャッキーチェーンが、今日へと彼を導きました。

’’若い時’’空手を始めたのは、戦隊とジャッキーチェーンを尊敬していたからです。それと同時にK-1の魔裟斗に憧れを持ち、いつかはK-1の舞台に立ち、キックボクシングで活躍したかったと言います。

キックボクシング以外に吉田は趣味も怠りません。ゴルフ、スノーボード、ダンス、英語の勉強、料理が趣味です! 吉田は英語を習うことにも力を入れています。キックボクシングで海外進出を考えたときに、英語は必須となることでしょう。「ECC英会話に通っています。これを活かし、国内線スタッフとして働いています」

吉岡ビギンのKrush.112

吉岡のKrush 112での勝利は速いペースの試合で、アクション満載でした。

「僕が一番強いK-1での敵でした。」言葉にならないほど嬉しかったです。

試合以外の吉岡は、元気で明るい性格です。「いつも弾けて、笑って、馬鹿をしてます。」と吉岡は言います。「ただ試合になると、スイッチが入り、目つきが変わります。」

吉岡ビギンはK-1で最上級の目標があります。「K-1のベルトが欲しいです!」まだ19歳のビギン吉田はK-1人生において素晴らしシーズンを迎え、ベルトは遠くないものとなっています。そして、練習をハードにこなし、毎試合成長しています。

新型コロナウイルスが多くの人に被害を与えています。いろんな人が最近のことについて聞いてきます。例えば、最近のインタビューだと、K-1の戦友であるエダーロープスがK’Festaのためにトレーニングをしていたと聞きました。吉岡は幸運にもコロナにかかりませんでした。「トレーニングは問題ではない!いつものようにできることをする!」

コロナの状況から、K-1はKrush 112に観客を入れないようにしました。エネルギーは観衆からいつも貰うと話すが、吉岡や晃貴にとっては、単純にお客さんがテレビで応援してくれるだけで、それは十分なモチベーションになると言っていました。

「無観客なスタジアムさえ、テレビを通してみてくれる人がいる。だから、お互い勝利のために戦いました!」 吉岡のキャリアは決定しました。吉岡は現在の状況も喜ばしいですが、「K-1のベルトを獲得し、空港でグランドスタッフとしても働く!」と言っています。

吉岡ビギンが他のスポーツに乗り換えると思わないでください。「他のスポーツは無い」と吉岡は言います。 吉岡ビギンはまだ19歳です。すでにK-1で戦い、キックボクシングでは頂上舞台に立っています。吉岡のキャリアは伸び代があり、将来有望です。