豪栄道豪太郎は29日、相撲を引退すると発表した。日本で長い間相撲界の名手を務め、常にトップで活躍していた。豪栄道豪太郎は、現代最高の33連覇を達成し、大関を獲得した。豪栄道と力士としての経歴を振り返る。

0からの展望

豪栄道は少年期から、相撲で大いに期待されていた。小学校1年生から試合を始めた。高校に通うと、豪栄道は体の大きさに苦しんだ。坂江栄高校に進学し、相撲のキャリアをさらに深めることにした。

そこで成功を収め始めた。学校で11の全国タイトルを獲得し、第53回世界相撲選手権では唯一の高校生でトップ4にランクインした。プロデビューはわずか1ヶ月後だった。

豪栄道豪太郎の相撲は低ランクからのスタートだった。城ノ口としての初場所で、7-0でチャンピオンに輝いた。次の6か月で二段、三段目、幕下に移った。 1年半余りで十両部となった。豪栄道豪太郎は、9年半のプロとしての競争で、大関として走り抜けた。引退するまでその地位を放棄しなかった。

キャリアの頂点

豪栄道豪太郎は、2016年9月に先場所でキャリア最大の偉業を達成した。トーナメントで完璧な15-0を達成し、幕内勝者になった。豪栄道豪太郎は三段目、三段目、幕下で2回優勝。しかし、幕内選手権と比べると見劣りする。

豪栄道豪太郎は、幼い頃から体に差異があったため、より精巧に取り組む必要がある。一般力士よりも柔軟に投げる力士。

豪栄道の遺産

横綱に昇格することはなかったが、豪栄道は相撲界に足跡を残した。

先に述べたように、豪栄道豪太郎は33回連続で大関の地位を維持した。それは、2014年9月から引退した2020年1月まで続いた。スポーツ史上、大関として10番目に多いトーナメント数だった。豪栄道の遺産は、最も偉大なものの1つとして残っている。

豪栄道と栃煌山は10年以上にわたって輝かしい競争を繰り広げ、ファンを魅了した。彼の相撲は、これまでファンのお気に入りの1つだった。

豪栄道の次は何かという疑問が残る。 33歳で引退したが、相撲というスポーツに貢献出来ることがまだたくさんある。

もう最前線に立つ事はないかもしれないが、まだ彼が新世代の力士に受け継ぐことができるすべての知識と経験を持っていることは確かだ。

豪栄道豪太郎は、2011年7月に魁皇が退役して以来、大関として引退した最初の力士だ。武隈という名前で境川部屋に年寄として戻ってくる。

最後の場所は怪我に悩まされ、昔の豪栄道を実際に見ることはできなかったが、スポーツにおける遺産は永遠に記憶される

豪栄道の影響力は、次世代の力士を通じて境川部屋に受け継がれる。

Become a Patron!