栃ノ心剛史:キャリアの始まり、ヒーロー、人生のゴール

栃ノ心剛史:キャリアの始まり、ヒーロー、人生のゴール ノ心剛史の復帰戦です。栃ノ心は昨年5月に10勝のパフォーマンスをし、朝乃山との物議を醸す試合を終えています。

2019年7月場所。世界中最高の力士が褌を締め、トーナメントに望む準備ができています。このトーナメントは、栃ノ心剛史の復帰戦です。栃ノ心は昨年5月に10勝のパフォーマンスをし、朝乃山との物議を醸す試合を終えています。

7月のトーナメントに先立ち、栃ノ心を調べるのに、少し時間がかかりました!

全てのスポーツのアスリートはゼロから始めなければなりません。あなたは力士として生まれただけではありません。生まれた可能性もなくはないですが、スキルは努力とそれに費やした時間、労力を通して学ぶことができます。

「まず、日本に行ったとき、私は17歳で、アマチュア相撲に参加しました。すべてはここから始まりました」と栃ノ心は言います。

10代の頃、栃ノ心は柔道とサンボを練習していました。栃ノ心は四つ相撲のスタイルが有名ですが、今日は他のスポーツをあまり興味を示していません。

「スケジュールがとても忙しいので、このスポーツに深く取り組んでいきたいです。」この言葉から、彼は相撲に一生懸命なことがわかります。彼は年の初めに7-13-10の試合結果後、年の初めに大関ランクから降格されました。その後、東京の5月場所で、栃ノ心は10-5になり、1969年以来関脇に降格された後、大関に昇格し、5番目の力士になりました。これが最後に、起こったのは2004年から2005年でした。

栃ノ心:横綱ゴール

栃ノ心には憧れの人もいます。

「私の好きなレスラーは横綱白鵬です。彼は偉大なアスリートでありながら、とても謙虚で勤勉です。」

彼がそのようなアスリートを尊敬しているのは理にかなっています。彼は同様の目標を念頭に置いています。栃ノ心はまた、アメリカ人で相撲はもっと人気になり、日本人に歓迎されるだろうと言っています

先に述べたように、栃ノ心は横綱白鵬と同様の目標を持っています。 「私の目標は横綱のタイトルを獲得することです。できることを願っています。」横綱にたどり着くのは72人の相撲取りだけで、これは茨の道です。