テクニカルリードアウト:照強対石浦

テクニカルリードアウト:照強対石浦

テクニカルリードアウトの別のエディションへようこそ。今日、私たちは野蛮で信じられない屈強なショーに飛び込んでいきます。2021年11月に九州の場所で照強翔輝は石浦に勝利した。勝利は意味がなく、現時点では精神力を誇示できていなかった。代わりに、照強翔が見せたのは、相撲というよりは強靭な男が戦闘で見せつけた、信じられないほどの強さの誇示。ショーに飛び込みましょう。

照強:強さのショー

土俵の真ん中にいる2人の力士が頭をぶつけ合う。石浦は右側に隙が出来たため、照強はそこをを叩く。照強翔が石浦の上に頭を置き、重心を高く保ち、石浦を低くさせていることに注目してほしい。

照強は石浦の隙を見逃さなかった。照強翔は土俵の端から遠ざかる中、右手を取り、石浦鹿介の回しを右手でつかむ。重心を保つために足を踏み入れたが、石浦の右脇の下にある左手にまったく力が入らない。その後、石浦鹿介を土俵に倒すために技を掛けたが、何も起こらなかった。

ここで魔法のような出来事が起きる。照強翔は右手で腕を抜くと悟ったかのように腕の位置を変えずに、反対側の回しを取った。彼は石浦の上に胸をつけたが、位置は悪かった。照強翔は再び引き下ろす代わりに、石浦鹿介が胸に触れている胸と背中を支点として回しをを持ち上げ、石浦鹿介の足を地面から持ち上げる。群衆は力のぶつかり合いに驚いて息を呑む。

照強は自分の姿勢とポジションを見て、石浦をもう一度持ち上げる。今回はもう一度土俵の端に足を踏み入れ、石浦を土俵の外に出し見事勝利。

ここで、強さの象徴は絶対に正気ではなかった。石浦鹿介の顔も、何が起こったのか信じられなかったことが見てわかる。照強翔輝の素晴らしいパフォーマンスであった。

Become a Patron!

Blaine Henry

Just your friendly neighborhood fight fan!

Leave a Reply

Previous Story

Technical Readout: Terutsuyoshi vs. Ishiura

Next Story

Bruised Review: Mid, But Entertaining

Latest from Uncategorized

センチャイ:巨人との戦い

日世界で最も尊敬されているナックムエタイであるセンチャイは、長い間タイのボクシングの名手でした。 プロで300を超える勝利、ルンピニースタジアムのタイトルを5回獲得しました。最初は、16歳のときです。彼は15ポンド(6.8キロ)の体重の不利な点を超えていましたが、対戦相手に公平なチャンスを与えるために体重を増やしました。

RENA: 日本のMMAの女王

山本美憂とリングの反対側にいるRIZIN32のヘッドライナー、RENAを紹介する必要はもうないでしょう。シュートボクシングを愛するRENAはRIZINで道を切り開いた。

山本 美憂: 格闘家の進化

RIZIN 32に戻った山本美憂は、最後の敗北を払拭するだけでなく、2016年のRENAに対する敗北のリベンジも果たそうとしている。最後の戦いは調子が悪く、山本美憂はヘッドシザースで浜崎朱加に敗北。今、山本は次のレベルへの準備ができているように感じている。

北岡悟:継続

日本の総合格闘技の伝説である北岡悟がDEEP104 Impactで復帰し、鈴木匠と対戦をする。北岡は歯止め無く、経験、決意、そして闘志を心に勝利を収めて次の朝を迎えようとしている。

%d bloggers like this: