藤村大輔:K’festa3の勝利、ボクシングと挑戦

藤村大輔:K’festa3の勝利、ボクシングと挑戦

K-1 K’Festaの取材を続けてきた。藤村大介が勝利したので、やっと藤村について話すことができる。

30歳の藤村のことを知っている人は意外にも少ない。しかし、彼のスキルは素晴らしいものだ。彼はキックボクシングというスポーツに大きな希望と夢を持っている。

藤村は少し遅く武道を始めた。藤村大介はキックボクシングやボクシングを始める代わりに、武道である古武術でキャリアをスタートさた。 「20歳からボクシング、キックボクシング、そして古武術と新しいことを始めて行った。」

キックボクシング以外の生活も楽しんでいる。

「料理、旅行、映画が趣味」と藤村は言う。

K’Festa3の藤村大介

試合で藤村はK-1のK’Festa3で勝利した。彼は小鉄を破り、次の挑戦に目を向け、更なる進化を目指している。 K-1での勝利は、誰もが認める誇り高きことです。

藤村はなんとかK’Festa 3で優勝した。

「完全勝利が欲しかった。3ラウンド戦うつもりはなかった。」

藤村大介はファンを魅了させている。

「いつも勝利に飢えていて、完全KOするために試合をしている。」

試合はKOで終わったわけではないが、藤村はそれでも勝利を収めた。それが事実である。

藤村の未来

既に話したように、藤村大介はキックボクシングキャリアで大きな計画を立てている。

「もちろん、目標はチャンピオンになること!」と藤村は言う。

この目標を達成するために必要な措置を講じている。

「強くなるために毎日トレーニングしている。」

COVID-19が世界を席巻し、さまざまな場所のトレーニングキャンプに影響を与えているため、多くの選手は、次の準備をしている。藤村にとって幸いなことに、K-1での試合においてコロナの影響を受けなかった。 「幸運なことに、コロナで不利になることはなかった。」と藤村は言う。

いい状態で、試合に望むことができた。

K-1 K’Festa 3は、あらゆる指導のもと、なんとかファンも来場することができた。

ファンに検疫への抵抗感も取り除くことができた。

試合で群衆がいないにもかかわらず、3月28日にK-1 Krush 112とともに、現時点で最前線に立つことになる。

その後の展開

藤村大介はキックボクシング以外の計画もある。 「ボクシングをしたい」と彼は言う。彼はすでにアマチュアボクシングの試合を行っているが、キックボクシングのようにプロレベルに移行したいと考えている。

しかし、彼の戦いのキャリアが本に載った後、藤村はスポーツを離れたくないと考えた。

「トレーナーになりたい」と藤村は言う。 

藤村大介はキャリアは短いかもしれないが、すでに多くのことを成し遂げている。しかし、日本のキックボクサーにはまだまだこれからだ。彼の戦いの旅はまだ始まったばかりである。

Blaine Henry

Just your friendly neighborhood fight fan!

Leave a Reply

Previous Story

Daisuke Fujimura: K’Festa 3 Win, Boxing, and Post Fighting

Next Story

Jamie Richardson: Cage Warriors 113 Interview

Latest from Uncategorized

センチャイ:巨人との戦い

日世界で最も尊敬されているナックムエタイであるセンチャイは、長い間タイのボクシングの名手でした。 プロで300を超える勝利、ルンピニースタジアムのタイトルを5回獲得しました。最初は、16歳のときです。彼は15ポンド(6.8キロ)の体重の不利な点を超えていましたが、対戦相手に公平なチャンスを与えるために体重を増やしました。

テクニカルリードアウト:照強対石浦

テクニカルリードアウトの別のエディションへようこそ。今日、私たちは野蛮で信じられない屈強なショーに飛び込んでいきます。2021年11月に九州の場所で照強翔輝は石浦に勝利した。

RENA: 日本のMMAの女王

山本美憂とリングの反対側にいるRIZIN32のヘッドライナー、RENAを紹介する必要はもうないでしょう。シュートボクシングを愛するRENAはRIZINで道を切り開いた。

山本 美憂: 格闘家の進化

RIZIN 32に戻った山本美憂は、最後の敗北を払拭するだけでなく、2016年のRENAに対する敗北のリベンジも果たそうとしている。最後の戦いは調子が悪く、山本美憂はヘッドシザースで浜崎朱加に敗北。今、山本は次のレベルへの準備ができているように感じている。

%d bloggers like this: