野扖正明: K’Festa 3, エピデミック、戦い後の計画
野扖正明: K’Festa 3, エピデミック、戦い後の計画

野扖正明: K’Festa 3, エピデミック、戦い後の計画

野扖正明はこの世で最も成功したキックボクサーです。K-1アンダー22タイトル、クラッシュチャンピオンシップ、WBCムエタイジャパンスーパーライト級タイトル、ラニュイデチャンピオンズ、K-165キログラムチャンピオンシップを獲得しています。K-1、栄光、そしてWBCムエタイのために戦った。 41-10の記録で、経験を積みました。

野扖はひざをつきながらも、K’Festa 3のグランプリで優勝した木村ミノル、山崎秀樹、モサブ・アムラニ、そして「暴力」という名の異名がある男と戦ってきました。 3月の時点で、ノイリはコンバットプレスのフェザー級ランキングで世界第4位にランクされています。

キックボクサーのキャリアの始まり

キックボクシングはなんで始めたんですか?野扖にとってはいじめでした。 「キックボクシングはいじめから始まりました」と野扖は言います。野杁正明にハマる理由は、自分への依存です。 「キックボクシングは職業であり、それはすべてあなた自身に関するものです」と言います。彼は正しいです。ファイターはコーチに依存していますが、最終的にはリング内のファイターが勝たなくてはなりません。

キックボクシング以外で、野杁正明には他の人生があります。「子供たちと遊んだり、おいしい食べ物を食べたり、ゲームをしたりするのを楽しんでいます」と他の時間も大切にしています。 K-1 K’F

K-1 K’Festa 3

野杁正明はK-1K’Festa3でデイビットメイジャと戦いました。最後まで戦い抜き、野扖は終始戦いを支配しました。野扖は、対戦相手がいることを喜んでいました。自分自身とは戦うことができないからです。

「自分自身と戦うことができません。そしてその戦いはファンにとってあまり面白いものではありません。でも対戦相手がいるので試合は行われます。ですから、私は他の人にとても感謝しています。」

K1は、誰もができる最も迫力のある、激しいスポーツの1つです。先に述べたように、魅力の一部は、一日の終わりにプレッシャーがのしかかってくることです。しかし、それはスポーツにとっても失敗となる可能性があります。野杁正明は非常に多くの高レベルの戦いに参加しているので、戦いの間に冷静さを保つための1つの方法があると言いました。 「私はいつも心を落ち着かせ、心を熱く保ちます。」彼がどのように戦っているのかこの言葉からわかります。野扖は急いで焦ることもありません。全て計算され、落ち着いていてクールです。このベテランのようなメンタルは、とても有利に働きます。

野杁正明がいずれ別のキックボクシングプロモーションに切り替えたり、MMAに切り替えたりすると思わないでください。K-1がホームであると言っています。 「私はK-1で育ちました。 K-1以外にありません。」

コロナウイルスについて 野杁正明

COVID-19が世界を席巻し、イベントをキャンセルになったため、多くの選手は合宿で苦労しました。例えば、シャオナンヤンは、試合が中国からタイに、そして最終的には米国に移動しなければなりませんでした。野扖は幸運にもウイルスの影響を受けませんでした。 「ウイルスによる影響はありませんでした。いつものようにジムで練習することができました。」

K-1は、K’Festa 3で、スタジアムのファイトカードにファンがいることについて少し精査されていました。多くのプロモーションが一般の人々への扉を閉ざし、空席のアリーナで戦いを繰り広げ、一部のプロモーションではイベント全体がキャンセルになりました。しかし、野扖は群衆の有無にかかわらず、戦うことは、利点があると言います。

「やっぱり、多くの人に直接見てもらいたかったのです」と野杁正明は言う。 「でも、スタジアムに人がいなくても、このような状況で試合をする勇気を出せたらいいなと思いました。もう少しがんばりたいです!」

次のビジョン?

野扖は次のビジョンがあります。以前、ファイターとして金の味を占めました。最高の目標は、世界一であることを証明することです。「[私の目標は]ウェルター級ベルトを獲得し、私の2番目の体重別階級を獲得することです」と述べています。

最終的には、野扖は戦うことを辞めます。野扖はすでに計画を立てています。 「私が引退するとき、私のジムを開きます」と野扖は言います。成功するはずです。野杁正明のことは選手であれば、誰もが知っているので生徒たちは彼の学校に群がるでしょう。野杁正明は戦い続けます。旅はこれからです。

競争を続け、ファンのために素晴らしいショーを開催しているので、これからもキャリアは続くでしょう。 InstagramTwitterで野杁正明をフォローして、野扖の旅をフォローしてください。

Blaine Henry

Just your friendly neighborhood fight fan!

Leave a Reply

Previous Story

Tommy Philbin: Human

Next Story

Masaaki Noiri: K’Festa 3, Epidemics, And Post Fighting Plans

Latest from Uncategorized

センチャイ:巨人との戦い

日世界で最も尊敬されているナックムエタイであるセンチャイは、長い間タイのボクシングの名手でした。 プロで300を超える勝利、ルンピニースタジアムのタイトルを5回獲得しました。最初は、16歳のときです。彼は15ポンド(6.8キロ)の体重の不利な点を超えていましたが、対戦相手に公平なチャンスを与えるために体重を増やしました。

テクニカルリードアウト:照強対石浦

テクニカルリードアウトの別のエディションへようこそ。今日、私たちは野蛮で信じられない屈強なショーに飛び込んでいきます。2021年11月に九州の場所で照強翔輝は石浦に勝利した。

RENA: 日本のMMAの女王

山本美憂とリングの反対側にいるRIZIN32のヘッドライナー、RENAを紹介する必要はもうないでしょう。シュートボクシングを愛するRENAはRIZINで道を切り開いた。

山本 美憂: 格闘家の進化

RIZIN 32に戻った山本美憂は、最後の敗北を払拭するだけでなく、2016年のRENAに対する敗北のリベンジも果たそうとしている。最後の戦いは調子が悪く、山本美憂はヘッドシザースで浜崎朱加に敗北。今、山本は次のレベルへの準備ができているように感じている。

%d bloggers like this: